愛知県丹羽郡扶桑町で尾張地区・名古屋市の癌患者様にANK免疫細胞療法でがん治療をおこなっています

FrontPage

文字サイズ:

はじめに

全身に1兆個以上もいる免疫細胞。その中で、がんの種類を問わず、狙い撃ちで攻撃できるのはナチュラルキラー(NK)細胞だけです。その数おおよそ1000億個ほど。攻撃能力も圧倒的です。 
ところが、がん患者さんの体の中では、がん細胞が強力な免疫抑制をかけてNK細胞を眠らせ、本来の機能が発揮できない状態になっています。
「ANK免疫細胞療法」は、このNK細胞を目覚めさせ、がんに打ち克つ免疫力を再建していきます。

一般的な免疫細胞療法とは異なり
培養の元となるリンパ球が桁違いに多く
NK細胞を選択的に活性化・増殖させることができる
ことが大きな特徴です。

まず、患者さんご自身のリンパ球の一部を、体の外に取り出し培養します。

培養したNK細胞を点滴で体内に戻すと、体内で直接がん細胞を攻撃します。同時に体内の眠れる1000億個のNK細胞が目覚め、援軍に加わるように刺激信号を送ります。(=その結果として免疫副反応が起こり、発熱は必ず起こります)
さらに、NK細胞はわき役のCTLも呼び寄せることが期待できます。

外科医として、多数のがん患者さんを診てきましたが、標準治療は手詰まり感があり、何か他に手はないのかと模索していました。ある日、卵巣がんの患者さんからANK免疫細胞療法の点滴をして欲しい、と依頼されました。半信半疑でANK点滴を開始したところ、期待以上の効果があり、科学的根拠に基づいた治療であることを確信しました。

このようにANK免疫細胞療法は、治癒に近い状態に持っていける治療という実感を持っています。

ただし末期の患者さんや、何度も再発を繰り返している患者さんの治療は難しい印象があります。

より有効な治療をするためには、がんと診断されたらすぐ面談にお越しいただき、早いタイミングでリンパ球を採取することが重要です。
その後、手術、放射線、抗がん剤で大きながんを取り除いたところで、あらかじめ採取し、凍結保管しておいたANKを点滴し、治癒に導くのが理想的な流れです。
標準治療の後にANK免疫細胞療法が控えていると、安心感がまるで違うのです。

大川外科胃腸科クリニックは面談から、治療計画の作成、リンパ球分離採取、点滴まで一貫してできるので、患者さんの負担を抑え治療に専念できるのが大きなメリットです。

まずは、じっくりとお話する時間が必要ですので、面談のご予約をお願いします。
(電話:0587-92-3155)
院長 大川 洋史
医療法人仁徳会
大川外科胃腸科クリニック
院長 大川 洋史

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional